やとみ歯科

ご予約 / お問い合わせ
06-4960-5577
MENU

一般歯科

Medical

一般歯科

ここでは治療の中でも一番多い、むし歯の治療を行います。

むし歯の原因

むし歯は、むし歯の原因となる菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことで起こります。
食後の歯磨きがしっかりとできていないと歯にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、むし歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。

むし歯の進行

むし歯は、食事をした時に残った糖分をもとに口腔内の細菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かします。
人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きや抗菌作用がありますが、一度むし歯になってしまうと修復が間に合わない場合は、進行してしまいます。

むし歯は、主に3つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯の質は一人ひとり異なります。歯質を強化するために、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛んで食べることが大切です。
2.細菌
むし歯菌が出す酸で歯が溶かされてしまうのがむし歯です。歯磨きをすることでむし歯菌を減らすことが大切です。
3.糖分
糖分がむし歯菌が酸をつくる時の材料に使われ、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ない食品を選んだり、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

むし歯はこうして進行します

C0 初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。
治療せずに経過観察する場合もあり、適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。

C1 エナメル質のみのむし歯

歯の表面のエナメル質にのみ、むし歯が進行した状態
多くが無症状で、経過観察する場合や歯科用の樹脂をつめて修復できる場合がほとんどです。

C2 歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態です。「冷たいものが歯にしみる」といった症状で気づくことがあります。
むし歯に冒された部分を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で修復します。

C3 神経まで進行したむし歯

むし歯が、歯の内部の神経まで達した状態。「冷たいものや熱いものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。
神経を取り除く治療を行い、被せ物で歯の形を修復します。

C4 歯冠が大きく失われた歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯の進行が歯根まで到達した状態。
神経まで犯され一旦痛みがなくなりますが、根の先に膿が溜まることで、歯の保存が難しくなったり、場合により再び激しい痛みが生じます。
歯を抜かないといけない場合が多いですが保存することができれば、C3の治療と似た治療になります。