ブリッジ・入れ歯|やとみ歯科|尼崎市の園田駅にある歯医者

〒661-0953兵庫県尼崎市東園田町9-16-8 2階
電話アイコン06-4960-5577
  • WEB予約
WEB予約
ヘッダー画像

ブリッジ・入れ歯

ブリッジ・入れ歯|やとみ歯科|尼崎市の園田駅にある歯医者

当院の入れ歯・ブリッジ治療の特徴

一人ひとりに合った入れ歯をご提案

正確な型取りで、しっかり噛める入れ歯作り

当院では、保険適用のリーズナブルな入れ歯から自費でお作りする入れ歯まで幅広く扱っています。患者様一人一人のお口の状態に合わせた、ご希望のご予算の入れ歯をご提案しています。長持ちさせたい、床部分を薄くしたいなどのご要望にもできるだけ対応させていただきますので、一度ご相談ください。

ピッタリ合った入れ歯作り・精密な型取りと細やかな微調整で健康な噛み合わせ

丁寧な型取り・細やかな微調整を行い、よく噛めて安定感を重視した、患者様一人一人の目的に合わせた入れ歯をお作りします。

入れ歯とは

入れ歯

入れ歯とは、抜歯したり、事故や病気で歯が抜けたりした部分を補う物(義歯)で、取り外しが可能です。両隣の歯が残っていないと適用できないブリッジと違い、残っている歯が何本でも大丈夫です。入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、全ての歯がなくなっていれば総入れ歯、1本でも残っていれば部分入れ歯になります。部分入れ歯は歯の抜けた部分に人工歯のついた土台を置き、残った歯とバネでつないで支えます。保険適用で治療できますが、審美性や機能性を重視してさまざまな材質を使ったものもあり、これらは自由診療となる場合が多く、高額になります。気になるのは汚れが着きやすく口臭を防ぐケアです。そのため毎日の洗浄を心がけましょう。入れ歯洗浄剤のほか、噛みやすくするための入れ歯固定剤も市販されています。

入れ歯の種類

自然な見た目や保険適用可能かどうかなど、様々な種類の入れ歯を選ぶことができます。保険診療の入れ歯は費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目の不自然や、装着時に違和感がある場合があります。保険外診療の入れ歯は費用が高額になりますが、見た目の自然さや、装着時の違和感を抑える効果が期待できます。

主な保険診療

レジン床義歯

レジン床義歯

対応範囲が広く多くの症例に使用可能で、プラスチックであるレジンで土台を作ります。入れ歯を支える金具が目立ちます。費用が抑えられます。強度確保の土台の厚みが、使用時に違和感が出てしまいます。費用は入れ歯の歯の数により異なります。

入れ歯の歯の数が少ない場合

  • (1割負担の方)約2,500円から
  • (3割負担の方)約7,500円から

入れ歯の歯の数が多い場合

  • (1割負担の方)約5,000円から
  • (3割負担の方)約15,000円から

(税込)となります。

主な保険外診療

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台を作るため、耐久性と快適性に優れています。義歯素材の中でも、長く使用されている歴史・実績があるため安心感があります。金属床の中では比較的安価です。費用は275,000円(税込)からとなります。(歯の残っている本数で値段が変わってきます)

チタン床義歯

チタン床義歯

チタンで土台を作るため、安全性が高く、長く安心して使うことができます。(チタンは医療現場で使用されている。体内に埋め込むことが出来るほど安全性の高い)費用は330,000円(税込)からとなります。(歯の残っている本数で値段が変わってきます)

ゴールド床入れ歯

ゴールド床入れ歯

金で土台を作るため、金属アレルギーのリスクが低くなり、経年劣化の心配がありません。費用が比較的高額になります。費用は550,000円(税込)からとなります。(歯の残っている本数で値段が変わってきます)

マグネット

マグネット

磁石を、入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着するので、磁石がしっかり吸着し合い、安定感に優れています。自然な見た目です。残った歯の根元を利用するので、装着時の違和感が少ないです。費用は選ばれる入れ歯+1本55,000円(税込)となります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないです。金属を使わないので金属アレルギーの心配がありません。費用は110,000円(税込)からとなります。(歯の残っている本数で値段が変わってきます)

シリコンの入れ歯

シリコンの入れ歯

土台の一部をシリコンで作るため、柔らかく噛む時の痛みを軽減できます。食材をしっかりと噛める良さがあります。費用は330,000円(税込)からとなります。(歯の残っている本数で値段が変わってきます)

ブリッジとは

ブリッジとは、失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。喪失歯の両隣に残っている歯を削って土台を作り、そこに橋を架けるように人工歯を被せます。違和感も入れ歯に比べても少なく、自分の歯のように噛むことができます。

ブリッジ治療のメリット、デメリット

ブリッジのメリットとデメリットは以下になります。

メリット

  • 治療期間が短い
  • 固定式で違和感が少ない
  • 保険治療も可能
  • 審美性を考慮した素材も使用可能(保険適用外)

デメリット

  • 両隣の歯を土台とするため、健康な歯を削る必要がある
  • 両隣の歯に負担がかかる(将来、歯根破折の可能性がある)
  • 土台となる歯の状態により、ブリッジができない場合がある

ブリッジ治療の費用

歯の本数に応じて決まります。欠損している歯が多いほど、高くなります。また、治療が保険適用か、自費診療かによっても費用面で大きく異なります。

保険適用の場合

例えば、前歯3本(歯が1本欠損)の場合、およそ22,000円(税込)ですが、保険診療の場合は1つのブリッジが完成するまでに初診料、再診料、むし歯治療費、根の治療費、レントゲン検査代、歯周病検査代、衛生指導料、土台代、型取り代、調整代、補綴物維持管理料など様々な別途料金がかかります。

自費診療の場合

例えば、前歯3本(歯が1本欠損)の場合、白いセラミックのブリッジ前歯3本で88,000円(税込)×3本で264,000円(税込)です。仮歯代が3本で9,900円(税込)かかります。※当院では、この場合のむし歯治療代や調整料はいただいておりません。